HOME  /GIMP
 /GIMPで部品を組み合わせて画像を作成する
2023年05月11日

GIMPで部品を組み合わせて画像を作成する

ここに表示されているサンプル画像はGIMP2.10のphotoshopに似せた黒い画面ではなく、素人に判り易い昔の画面を利用しています。

変更方法場合は「画面のカスタマイズ」を参照して下さい。

 

ここではこのサイトで利用した下記画面を作成する方法を解説しています。

GIMP1200×300

上記で利用している部品は下記になります。

①背景(雪).png

②車写真.jpg

③車の切り抜き画像.png

④GIMPマーク.png

⑤カーブ矢印3D.png

1.GIMPのキャンパスサイズを決める。

GIMPを起動する。

私のWordPressの固定ページの幅は1200×300pxが丁度良いキャンパスサイズとなっていますので、メニュの「ファイル新しい画像」で1200×300の新しいキャンパスを作成します。

■「背景」レイヤが作成されます。

 

2.背景画像を読み込みとサイズ変更

メニュの「ファイルレイヤーとして開く」で下記の背景画像ファイルを読み込みます。

①背景(雪).png

レイヤに「背景(雪).png」が追加されます。

■この背景画像のレイヤサイズは、このファイルが持っていた画像サイズになっています。

そこでこの背景画像のレイヤサイズをキャンパスサイズに合わせます。

メニュの「レイヤレイヤをキャンパスに合わせる」を実行します。

以上でこのレイヤサイズも1200×300pxになります。

 

以上の結果、白の「背景」レイヤは不要になりましたが、あっても邪魔にならないのでそのままにします。

 

3.部品と文字を追加して画像を作成する

1.車写真の取り込み

メニュの「ファイルレイヤーとして開く」で下記画像ファイルを読み込みます。

②車写真.jpg

位置や大きさは下記コマンドで調整します。

移動、拡大・縮小

画像は下図の様になります。

またレイヤ構成は下記の様になります。

2.車写真の縁取り

・スクリプトで縁取りをする場合は「GIMPスクリプト(glow-selection)で文字や画像の縁取りを行う」を参照して下さい。

・GIMPコマンドで縁取りをする場合は「図形に縁取りを追加する」を参照して下さい。

下記画面はスクリプトで縁取りをした画像です。

3.他の部品の取り込みと配置

メニュの「ファイルレイヤーとして開く」で下記画像ファイルを読み込みます。

③車の切り抜き画像.png

④GIMPマーク.png

⑤カーブ矢印3D.png

画像は下図の様になります。

4.文字の入力と文字の縁取り

関連する文字列を入力します。

・スクリプトで文字の縁取りをする場合は「GIMPスクリプト(glow-selection)で文字や画像の縁取りを行う」を参照して下さい。

・GIMPコマンドで縁取りをする場合は「文字を縁取り文字にする」を参照して下さい。

下記画面はスクリプトで文字の縁取りをした例になります。

 

4.作成画像の部品化

最後に作成した画像を保存します。

メニュの『ファイル名前を付けてエクスポート』を実行します。

下記のダイアログBOXが表示されます。

①保存するフォルダを指定します。

②デフォルトは「png」ですが、JPEGやGIFで保存したい場合は、ここで選択します。

③保存するファイル名を指定します。

④「エクスポート」ボタンを挿入するとディスクに書き込まれます。

以上でGIMPで作られた画像ファイルがpng形式で保存されました。

この画像を取り込むのはメニュの「ファイルレイヤーとして開く」になります。

 

尚、作成した画像をメニュの「ファイル名前を付けて保存」でGIMP形式(.xcf)で保存すると、将来修正する事も可能となります。

但し、このファイル形式はGIMPに取り込まないと何が書かれているのか分からないので、png形式のファイルと同じ名前で保存しておく事をお勧めします。

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントは下記の関連記事一覧から探して下さい。


<関連記事一覧>

「gimp」に関連するドキュメントを表示しています。尚、このページネーションはJquryで制御しています。

ここではGIMPのスタンプを使って写真画像から不要な部分を消去する方法を解説しています。

GIMPで色を指定するツールには「パレット」、「GIMP」、「色相環」、「CMYK」、「水彩色」があります。ここではそれらの使い方を中心にGIMPで色を指定する方法を解説しています。

色々なポスターやテレビ画像では、文字や画像を縁取りした画像が使われています。ここでは「210_effects-selection_glow-selection.scm」というスクリプトを使って縁取りする方法を解説しています。

引き出し線を引いたりする場合はブラシの矢印では無理です。このような時に使う物としてスクリプトで書く矢印があります。ここでは「Allow-set-size」というスクリプト矢印の使い方を解説しています。

ここでは「GIMPの標準ブラシとは」、「GIMPブラシのカスタマイズ方法」、「GIMPブラシのデフォルトサイズ変更方法」、「GIMPブラシのサイズをマウスホイールで変更できる様にする方法」、「GIMPでPhotoshopブラシを使う方法」を解説しています。

GIMPのデフォルトフォントは数が多すぎて使いづらい上に、商用利用しても問題がないのか?の疑問があります。本ドキュメントではデフォルトのWindowsフォントを削除し、商用利用可能なフォントだけを追加する方法を解説します。

ここではGIMPのカラーパケットの整理方法を解説しています。

GIMPをカスタマイズする為には個人フォルダに機能を付け加えますが、個人フォルダはPCの環境によって異なる性質を持ちます。そこでそれらに影響されないOS直下の個人フォルダの作り方を解説しています。

GIMP2.10系は[Photoshop]に似せた画面になりましたが画像編集初心者には判りずらい画面です。そこでここではGIMP2.10系のインストールからGIMP2.8系の様な初心者に判り易い画面に変更する方法を解説しています。

ここではGIMPの「ブラシで作画する時の注意点」、「ブラシで直線を引く」、「曲線を引く」、「ブラシを使って図形を描画する」、「ブラシを使って背景を作成する」、「消しゴムの使い方」を解説しています。

GIMPの使い方が判ってくるとGIMPで名刺をデザインし独自の名刺を作る事も可能になります。このドキュメントは100円ショップのダイソー等で名刺作成用のプリンタ用紙を購入し自宅のプリンタで印刷する方法を解説していますがこれを理解すると名刺印刷業者のHPに書かれている内容も理解できるようになります。

GIMPの操作画面は、自分が使い易い様にカスタマイズができます。このドキュメントはそのやり方解説しています。

GIMPのブラシには「GBRブラシ」、「GHIブラシ」、「VBRブラシ」があります。ここではそれらの作成方法を解説しています。

GIMPには「ベベル処理」と「影の追加」を行うスクリプトがありますが使い勝手があまり良くありません。そこでこれらのスクリプトをユーザ環境に取り込み使い易くカスタマイズする方法を解説しています。

3DTextというスクリプトを使って図形や文字を3次元化する方法を解説します。尚、本稿では3DTextをカスタマイズして使い易くする方法も解説しています。

写真画像の中には人や物などを消したい時があります。プラグインの「Resynthesizer」は、これを簡単に行ってくれるプラグインです。ここでは子のプラグインの入手方法からカスタマイズまでを解説しています。

GIMPでテキストを作成する方法を解説しています。またデザイン分野では文字の大半が縁取り文字になっていますがこれを行う為の基本的な操作も解説しています。

GIMPで図形を描画する場合どのレイヤに図形を書くのか?が一番重要になります。また図形を綺麗に書く為にはガイド線をうまく使う事と、曲線を含む図形を書く為にはパスツールを理解するとうまく書くことができます。本ドキュメントはこれらの図形描画にまつわる基本的な事項を解説しています。

ここではGIMPに独自のカラーパレットを追加する方法を解説しています。

ここでは『GIMPとは何か?』を理解する事を中心に「キャンパスとレイヤの違いを理解する
」「クリップボード画像の取り込み方」「レイヤ操作」「レイヤ操作コマンド」を解説しています。

GIMPのフォントは自分が追加したフォント以外にGIMP標準フォントが追加されます。またGIMPのフォント表示はabc順でソートされる為、自分が追加したフォントが上記フォントの中に埋没してしまう問題があります。そこで本ドキュメントでは自分が追加するフォントの表示名を「tfname3.exe」で変更する事により、GIMP標準フォントの上に表示させる方法を解説します。

GIMPで切り抜き画像を作成する方法は色々な方法があります。本ドキュメントでは「.輪郭がハッキリしている画像の切り抜き」と「輪郭がハッキリしてない画像の切り抜き」を事例として解説しています。

GMICはGIMP画像に色々なフィルタをかけて画像をカスタマイズするプラグインです。ここではGMICの入手方法から使い方を解説しています。