string(14) "34.204.169.230"
 
HOME  /GIMP
 /GIMP2.10の基本概念を理解する
2023年05月12日

GIMP2.10の基本概念を理解する

ここに表示されているサンプル画像はGIMP2.10のphotoshopに似せた黒い画面ではなく、素人に判り易い昔の画面を利用しています。

変更方法場合は「画面のカスタマイズ」を参照して下さい。

 

ここでは『GIMPとは何か?』を理解する事を中心に解説します。

1.キャンパスとレイヤの違いを理解する

2.画面の拡大/縮小/移動

3.クリップボード画像の取り込み方

4.レイヤ操作

5.レイヤ操作コマンド

6.図形や文字、ブラシを使った作画 

1.キャンパスとレイヤの違いを理解する

 GIMPの基本概念とは

GIMPはキャンパスサイズから複数の透明レイヤを透かして見るという概念で作成されています。

キャンパス

キャンパスは画像、文字、図形を書く画板です。

よって画板からはみ出たレイヤ画像は表示されません。

レイヤ

レイヤは背景、画像、文字、図形が書かれる層(透明なフィルム層)です。

上記を下記の事例で理解します。

1.画像(キャンパス)の作成

メニュの「ファイル新しい画像」を実行すると、下記ダイアログが表示されます。

■「テンプレート」の選択や「詳細設定」の変更でデフォルト設定を変更する事もできます。

■「リセット」ボタンは基本設定に戻すボタンです。

[OK]ボタンを挿入すると、キャンパスサイズとレイヤサイズが1920X1080の画像が作成されます。

①に画像タブが作成されます。

メニュの「画像キャンパスサイズの変更」でキャンパスサイズが確認できます。

②に「背景」レイヤが「背景色」で作成されます。

このレイヤを右クリックし「レイヤーサイズの変更」でレイヤサイズを確認できます。

キャンパスサイズとレイヤサイズが1920X1080である事を確認して下さい。

 

2.写真画像の取り込み

メニュの「ファイルレイヤとして開く」を実行し、写真ファイルを選択しGIMPに取り込みます。

画面を下記操作で拡大/縮小/移動をして見てください。

キー 動作
」キーの挿入 画面が拡大されます。

但し、キーボードは英数で操作して下さい。

」キーの挿入 画面が縮小されます。

但し、キーボードは英数で操作して下さい。

スペース」キー挿入+マウス移動 マウスの移動量だけ画面がスクロールします。

下記の様な画面になります。

■取り込んだ画像を右クリックし「レイヤーサイズの変更」でレイヤサイズを確認して下さい。

この画像の例では3264X2448のレイヤサイズになっています。

※写真の総てが見えてない事が確認できると思います。

これは「3264X2448のレイヤ」を「1920X1080のキャンパス」から見ているので、画像の一部しか表示されないという事になります。

 

3.キャンパスサイズを変更する。

①レイヤは写真画像を選択します。

②メニュから「画像キャンパスをレイヤに合わせる」を実行します。

下図の様に写真の総てが見える様になります。

■以上でキャンパスサイズと写真画像のレイヤサイズが「3264X2448」になりました。

 

4.背景レイヤは?

背景のレイヤサイズを見て下さい。「1920X1080」のままです。

この事例の場合、白の背景レイヤの上に、不透明な写真レイヤが上書きされたので背景レイヤは意味がなくなっています。

しかしこれを変更する場合は下記操作で変更します。

背景を右クリックし「レイヤをキャンパス合わせる」を実行します。

以上で背景レイヤも「3264X2448」になります。

 

2.画面の拡大/縮小/スクロール

表示された画面の拡大/縮小/スクロール方法には色々な方法がありますが、下記がお勧めになります。

1.キーボード&マウス操作

キー 動作
」キーの挿入 画面が拡大されます。

但し、キーボードは英数で操作して下さい。

」キーの挿入 画面が縮小されます。

但し、キーボードは英数で操作して下さい。

スペース」キー挿入+マウス移動 マウスの移動量だけ画面がスクロールします。

 

2.ズームコマンドで行う

上記アイコンをクリックするとツールオプションに下記が表示されます。

■拡大を選択し、マウスで指定した2点の範囲に拡大します。

■縮小を選択し、マウスで画像をクリックすると縮小します。

 

3.メニュ操作で行う

メニュの「表示表示倍率」の中の下記メニュがあります。

・ウィンドウ内に全体を表示(全体を表示させたい時に便利です

・ウィンドウ内に最大表示

・選択範囲を最大表示

 

3.クリップボード画像の取り込み方

画像ファイルはメニュの「ファイル新しい画像」で取り込みます。

しかしクリップボードにある画像の取り込みは「Ctrl+V」または「Ctrl+Shift+V」で取り込みます。

 

1.Ctrl+Vで取り込んだ場合

現在の画像(キャンパス)に取り込まれます。

■取り込んだ後、新しいレイヤを右クリックし「新しいレイヤの生成」を実行すると、操作可能なレイヤになります。

 

2.Ctrl+Shift+Vで取りんだ場合

新しい画像(キャンパス)に新しい画像として取り込まれます。

 

4.レイヤ操作

GIMPは下図の様に複数のレイヤで構成されます。

画像は下のレイヤから順次描画される事により画像を表示しています。

よってこのレイヤを操作する必要が出てきます。

①レイヤの移動

レイヤをマウスでクリックしてドラッグ&ドロップする事によりレイヤを移動させる事ができます。

②レイヤの表示/非表示

レイヤの前の目のマークをクリックする事による表示/非表示が制御できます。

③レイヤの連結

複数のレイヤーを移動させたい場合は鎖マークをクリックする事により連結する事ができます。

この状態でレイヤを移動させると複数のレイヤを一緒に移動させる事ができます。

④レイヤ名の変更

レイヤを右クリックし「レイヤ名の変更」でレイヤ名を任意の名前に変更できます。

 

5.レイヤ操作コマンド

操作したいレイヤを選択して、下記のコマンドで色々な操作ができます。

1.移動コマンド

上記コマンドを選択するとツールオプションに下記が表示されます。

■アクティブレイヤを移動

レイヤで選択されている図形や文字、画像を移動させます。

こちらの方が使い易いです。

■つかんだレイヤまたはガイドを移動

クリックした段階で移動するレイヤが決まり、ドラッグ&ドロップで移動できます。

つかみ方を間違えると意図しないレイヤが移動する事があります。

間違って移動させた場合は「編集→移動を元に戻す」で移動をキャンセルして下さい。

 

2.拡大・縮小コマンド

①拡大/縮小させたいレイヤを選択

②上記アイコンをクリック

③画像をクリックすると下記画面が表示されます。

■縦横比の維持アイコンをクリックすると「維持する/維持しない」を切り替えることができます。

■画像の隅にある□をマウスで掴んでドラッグする事に画像の拡大/縮小サイズを決めます。

細かい変更はダイアログの▲▼でも行えます。

サイズが決まったらダイアログの「拡大・縮小」ボタンを挿入すると画像サイズ変更が実行されます。

 

3.回転コマンド

①回転させたいレイヤを選択

②上記アイコンをクリック

③画像をクリックすると下記画面が表示されます。

■回転の中心点選択で回転軸を選択する事が出来ます。(デフォルトは中心)

■画像を掴んでマウスで掴んでドラッグする事に画像を回転させます。

細かい変更はダイアログの角度の▲▼でも行えます。

回転角がダイアログの「回転」ボタンを挿入すると回転画像が作成されます。

 

4.鏡像反転コマンド

①反転させたいレイヤを選択します。

②上記のアイコンをクリックするとツールオプションに下記が表示されます。

■「水平」か「垂直」を選択します。

③画像をクリックすると鏡像画面に変わります。

■上記は垂直に胸像反転させた画像です。

 

6.図形や文字、ブラシを使った作画 

図形、文字、ブラシを使った作画は下記を参照して下さい。

­ ­GIMPコマンドで図形を作成する

 ­GIMPコマンドで文字を作成する

GIMPブラシで直線(曲線)や図形を作成する

 

­ ­メモ

GIMPを使う上でのポイントはどのレイヤに何を書くか?が重要で、必ずレイヤを意識して使うことがポイントになります。

 

以上でGIMPの基本概念は理解できたと思います。

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「GIMPタブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

「gimp」に関連するドキュメントを表示しています。尚、このページネーションはJquryで制御しています。

ここではGIMPのスタンプを使って写真画像から不要な部分を消去する方法を解説しています。

GIMPで色を指定するツールには「パレット」、「GIMP」、「色相環」、「CMYK」、「水彩色」があります。ここではそれらの使い方を中心にGIMPで色を指定する方法を解説しています。

色々なポスターやテレビ画像では、文字や画像を縁取りした画像が使われています。ここでは「210_effects-selection_glow-selection.scm」というスクリプトを使って縁取りする方法を解説しています。

引き出し線を引いたりする場合はブラシの矢印では無理です。このような時に使う物としてスクリプトで書く矢印があります。ここでは「Allow-set-size」というスクリプト矢印の使い方を解説しています。

ここでは「GIMPの標準ブラシとは」、「GIMPブラシのカスタマイズ方法」、「GIMPブラシのデフォルトサイズ変更方法」、「GIMPブラシのサイズをマウスホイールで変更できる様にする方法」、「GIMPでPhotoshopブラシを使う方法」を解説しています。

GIMPのデフォルトフォントは数が多すぎて使いづらい上に、商用利用しても問題がないのか?の疑問があります。本ドキュメントではデフォルトのWindowsフォントを削除し、商用利用可能なフォントだけを追加する方法を解説します。

ここではGIMPのカラーパケットの整理方法を解説しています。

GIMPをカスタマイズする為には個人フォルダに機能を付け加えますが、個人フォルダはPCの環境によって異なる性質を持ちます。そこでそれらに影響されないOS直下の個人フォルダの作り方を解説しています。

GIMP2.10系は[Photoshop]に似せた画面になりましたが画像編集初心者には判りずらい画面です。そこでここではGIMP2.10系のインストールからGIMP2.8系の様な初心者に判り易い画面に変更する方法を解説しています。

ここではGIMPの「ブラシで作画する時の注意点」、「ブラシで直線を引く」、「曲線を引く」、「ブラシを使って図形を描画する」、「ブラシを使って背景を作成する」、「消しゴムの使い方」を解説しています。

GIMPの使い方が判ってくるとGIMPで名刺をデザインし独自の名刺を作る事も可能になります。このドキュメントは100円ショップのダイソー等で名刺作成用のプリンタ用紙を購入し自宅のプリンタで印刷する方法を解説していますがこれを理解すると名刺印刷業者のHPに書かれている内容も理解できるようになります。

GIMPの操作画面は、自分が使い易い様にカスタマイズができます。このドキュメントはそのやり方解説しています。

GIMPのブラシには「GBRブラシ」、「GHIブラシ」、「VBRブラシ」があります。ここではそれらの作成方法を解説しています。

GIMPには「ベベル処理」と「影の追加」を行うスクリプトがありますが使い勝手があまり良くありません。そこでこれらのスクリプトをユーザ環境に取り込み使い易くカスタマイズする方法を解説しています。

3DTextというスクリプトを使って図形や文字を3次元化する方法を解説します。尚、本稿では3DTextをカスタマイズして使い易くする方法も解説しています。

写真画像の中には人や物などを消したい時があります。プラグインの「Resynthesizer」は、これを簡単に行ってくれるプラグインです。ここでは子のプラグインの入手方法からカスタマイズまでを解説しています。

ここでは背景画像、複数の部品から構成される画像を作成する方法を解説しています。

GIMPでテキストを作成する方法を解説しています。またデザイン分野では文字の大半が縁取り文字になっていますがこれを行う為の基本的な操作も解説しています。

GIMPで図形を描画する場合どのレイヤに図形を書くのか?が一番重要になります。また図形を綺麗に書く為にはガイド線をうまく使う事と、曲線を含む図形を書く為にはパスツールを理解するとうまく書くことができます。本ドキュメントはこれらの図形描画にまつわる基本的な事項を解説しています。

ここではGIMPに独自のカラーパレットを追加する方法を解説しています。

GIMPのフォントは自分が追加したフォント以外にGIMP標準フォントが追加されます。またGIMPのフォント表示はabc順でソートされる為、自分が追加したフォントが上記フォントの中に埋没してしまう問題があります。そこで本ドキュメントでは自分が追加するフォントの表示名を「tfname3.exe」で変更する事により、GIMP標準フォントの上に表示させる方法を解説します。

GIMPで切り抜き画像を作成する方法は色々な方法があります。本ドキュメントでは「.輪郭がハッキリしている画像の切り抜き」と「輪郭がハッキリしてない画像の切り抜き」を事例として解説しています。

GMICはGIMP画像に色々なフィルタをかけて画像をカスタマイズするプラグインです。ここではGMICの入手方法から使い方を解説しています。