string(11) "3.239.76.25"

2022年04月23日

PHP関数:echo

この関数の説明

echoは、PHP関数ではなく、PHPの言語構造の一つです。

よって、引数を括弧で括る必要はありません。

 


書式

echo 文字列1,文字列2・・・

複数の文字列を出力する場合は(,カンマ)で区切ります。

 


事例

<?php
    $text = 'abc';
    $ans = $text.'def';
    echo '$text='.$text.'<br>';
    echo '$ans='.$ans;
?>

■下記が出力されます

$text=abc

$ans=abcdef

■改行コードについての注意

上記の事例(4行目)では改行を '<br>' で行っております。

この  '<br>' ブラウザに指示する改行コードになります。

[PHP 改行]でインターネットを検索すると、よく "\n" が出てきます。

この改行コードはPHPの改行コードなので、このコードをブラウザに送っても改行されないので注意して下さい。

この改行コードは下記の様なケースで利用します。

$message=
  'このメールはプログラミング講座のお問い合わせフォームから送信されました'."\n".
  '差出人:'.$_SESSION['LastName'].$_SESSION['FirstName']."\n".
  'メールアドレス:'.$_SESSION['adress1']."\n"."\n".
  '件名:'.$subject."\n"."\n".
  '<質問内容>'."\n".
  $_SESSION['message'];
wp_mail($to,$subject,$message,$headers);

上記の様にすると、メールでは "\n" で改行されて表示されます。

また、'\n' でなく "\n" で記述する必要があります。

\nはダブルクォーテーションで括る。

 

関数一覧
  • 1.PHPとWordPressプログラム
  • 2.PHPの出力コマンド
  • 3.PHPの変数規則と文字連結
  • 4.PHPのif文
  • 5.PHPの配列とループ処理
  • 6.PHPのオブジェクトとループ処理
  • 7.PHPの文字列操作関数
  • 8.PHPファイルや関数の読み込み
  • 9.PHPのフォーム操作
  • array_keys()
  • array_reverse()
  • checkdate()
  • count()
  • date()
  • echo
  • explode()
  • implode()
  • in_array()
  • intval()
  • isset()
  • preg_match_all()
  • preg_match()
  • preg_replace()
  • preg_split()
  • print_r()
  • session_id()
  • session_start()
  • sprintf()
  • str_replace()
  • strpos()
  • trim()
  • var_dump()