string(11) "3.239.76.25"

2022年04月23日

PHP関数:array_reverse()

この関数の説明

PHP関数の array_reverse() は配列要素の順番を逆にした新しい配列を返す関数です。

 


関数

array_reverse( $array , $convert_key )

 


パラメータ

$array (配列)(必須)

変換元の配列を指定します。

 

$convert_key(真偽値)(オプション)

false:添字を振り直します。デフォルト

true :添字維持して順番を入れ替えます。

 


返り値

要素の順番を逆にした新しい配列が返ります。

 


事例

①配列と逆にした配列を表示します。

<?php
	$no1_array = ['リンゴ' , 'ミカン' ,'パイナップル'];
	$no2_array = array_reverse($no1_array);
?>
<pre>
	<?php 
		print_r($no1_array);
		print_r($no2_array);
	?>
</pre>

上記を実行すると結果は下記になります。

Array
(
    [0] => リンゴ
    [1] => ミカン
    [2] => パイナップル
)
Array
(
    [0] => パイナップル
    [1] => ミカン
    [2] => リンゴ
)

$no2_arrayの配列は順番が逆になっています。

 

関数一覧
  • 1.PHPとWordPressプログラム
  • 2.PHPの出力コマンド
  • 3.PHPの変数規則と文字連結
  • 4.PHPのif文
  • 5.PHPの配列とループ処理
  • 6.PHPのオブジェクトとループ処理
  • 7.PHPの文字列操作関数
  • 8.PHPファイルや関数の読み込み
  • 9.PHPのフォーム操作
  • array_keys()
  • array_reverse()
  • checkdate()
  • count()
  • date()
  • echo
  • explode()
  • implode()
  • in_array()
  • intval()
  • isset()
  • preg_match_all()
  • preg_match()
  • preg_replace()
  • preg_split()
  • print_r()
  • session_id()
  • session_start()
  • sprintf()
  • str_replace()
  • strpos()
  • trim()
  • var_dump()